東宝特撮の特徴

東宝特撮の最大の特徴は、(特に怪獣映画で如実だが)世界で初めて着ぐるみを多用した撮影を採用したことである。現在では当然のように思われているが、『ゴジラ』以前の特撮作品は、『キングコング』『アルゴ探検隊の大冒険』などで見られるストップモーション・アニメーション(い わゆる「コマ撮り」)が主流であり、本格的に着ぐるみを用いた作品は皆無であった。この着ぐるみによる撮影法は動きがスムーズであり、セットの破壊や爆発 とリンクしやすいということもあり、特撮シーン全体が派手になる傾向が高くなった。その後の日本の特撮作品がストップモーションではなく、着ぐるみによる 撮影が主流になるが、その先鞭をつけたのは東宝特撮だといえる。

東宝特撮の代表的映画

『新しき土』、『エノケンの孫悟空』、 『ハワイ・マレー沖海戦』 、 『ゴジラ』 、 『透明人間』 、 『空の大怪獣ラドン』 、 『地球防衛軍』 、 『白夫人の妖恋』 、 『キングコング対ゴジラ』 、 『緯度0大作戦』 、 『ウルトラマン』 、 『怪獣大戦争』 、 『メカゴジラの逆襲』

                                引用文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」